ボーンズBONESの監督

スポンサードリンク

ボーンズBONESの総監督は「ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ」「ロストキッズ」のバリー・ジョセフソンと、「ジョーン・オブ・アルカディア」や「ジャッジング・エイミー」のハート・ハンソンによる。元々の脚本はベストセラー作家のキャシーライクスが考え出した刑事ドラマです。)

ボーンズBONESのDVDレンタル

ボーンズは今FOXやスカパーで見ることが出来ます。そのほかDVDも出ているので、購入することもできますし、ツタヤなどでレンタルすることもできます。ボーンズはシーズン3まであります。

スポンサードリンク

ボーンズBONES

ボーンズの主役は法人類学者のテンパレンス・ブレナン博士(エミリー・デシャネル)。彼女はジェファソニアン・インスティテューションで働いていて、遺体の損傷が激しく本人の特定が難しかったり、遺体が焼けていて殺人の痕跡がわかりにくかったり、白骨化している遺体などから、その人が死んだ原因を探るという役目を担っており警察からそういった仕事を依頼される。

ボーンズBONESの仲間達

ブレナン博士とよくチームを組んで捜査をするのがFBIの殺人捜査班の特別捜査官、シーリー・ブース(デビッド・ボレアナズ)。彼はバフィーにも出演していました。彼は科学者には不信感を持っていて、捜査には物証よりもまず生きている周りの人間に話を聞いて推理していくという古き良き捜査方法を信じているので、ブレナン博士やその周りの人たちとぶつかることがよくある。ジェファニソンで働く同僚達はブレナンの良き仲間で、友人のアンジェラ・モンテネグロ(ミカエラ・コンリン)はコンピューターで3Dで事件現場を再現するという技術を編み出した。ザック・アディー(エリック・ミレガン)は若いがIQが非常に高い天才でブレナンのアシスタントをしている。ブレナンの仲間達は魅力にあふれる人たちばかりです。

ボーンズBONESの見所

ボーンズBONESの見所は残された骨から事件の真相を暴く、ブレナン博士とチームのその見事な技術ももちろんですが、ブレナン博士とFBI捜査官のシーリー・ブースとのやりとりやその微妙な関係、それからブレナン博士の過去についてもだんだん明かされていきます。ブレナンはあまり自分のことを周りに話したがらないので、ここが明かされていくのもこの話の面白い所です。

ボーンズBONES主人公ブレナン博士

ブレナン博士は骨に関するスペシャリストでありながら、一方では小説も書くという一面もあります。しかもベストセラー作家です。頭も良く、容姿にも恵まれた才色兼備なのに恋愛に関してはなかなかうまくいきません。ブレナン博士の両親はブレナンが幼い頃に失踪するという過去を持ちます

ボーンズBONESの映画

ボーンズの映画情報。「24」「プリズンブレイク」に続きボーンズも映画化されるようです。海外ドラマ好きは要チェック!DVDにはコレクターズBOXもあります。