妊娠中の喫煙・妊娠と禁煙

スポンサードリンク

妊娠中の喫煙は胎児に深刻な影響を与えることがあります。そうならないためにも妊娠する前から早めの禁煙を心がけましょう。ちまたにも様々な禁煙セラピー本が出ているので、そういうものを活用するのもよいでしょう。

妊娠中の喫煙・禁煙グッズ

世の中には様々な禁煙をすることを助けるグッズがあります。離煙パイプ、禁煙パイプ、タバコを吸いながらニコチンを徐々に減らしてくれるグッズや、だんだんタバコがまずく感じるチュアブルなど、いろんな商品があるので、自分にあった商品を色々試してみて選ぶようにしましょう。

スポンサードリンク

妊娠中に喫煙すると

妊娠中に喫煙すると胎児に大きな害を及ぼし、深刻な影響を与える可能性が高くなります。妊娠中に喫煙していると、流産、早産、低体重児の出産の確率が高くなると言われています。妊娠中喫煙をしていた人は喫煙をしていなかった人に対して、早産の発生率は3.3倍、低体重児の発生率は2.5倍にも上ります。

妊娠中の喫煙・胎児の脳への影響

妊娠してる間にタバコを吸うことによって体にニコチンと一酸化炭素が吸収され、血流が悪くなったり血管中に酸素が行き渡らなかったりします。それにより、胎児に届く酸素の量も減り、脳の発達にも影響が出て、脳性麻痺や精神遅滞などの弊害がおこる場合があります。

副流煙もよくない

妊娠中のお母さんがタバコを吸っていなくても、他の家族がタバコを吸っていれば、本人がタバコを吸っているのと同様の影響があります。副流煙は吸っている本人より周りにいる人のほうが害が大きいので、妊娠してる人がいる家庭では全員が内の中でタバコを吸わないようにしたほうが賢明でしょう。

幼児突然死症候群

最近よく耳にするSIDS幼児突然死症候群も喫煙するお母さんの子供に発祥する確率が高いです。喫煙しない家族に比べて喫煙習慣がある家族の子供には約4.7倍もの確率が高まるようです。お母さんの母乳を通して赤ちゃんがニコチン中毒になるということもあるようですので、出産した後もタバコを吸うことは望ましくありません。

妊娠中の喫煙と胎児

妊娠中にお母さんが喫煙すると、胎児は酸素が不足してしまうので、首を絞められるような苦しみを味わうようです。タバコを吸ってるお母さんの胎児の映像を見るともがき苦しんでいる様が見られます。自分の子供にそんな思いをさせたくないですよね。

子供が大きくなってからも

無事出産して子供が小さいときは何もなくても、大きくなってから影響が出る場合もあります。暴力犯罪率が高くなったり、その子が女の子だった場合、妊娠する確率が低くなったりすることがあるそうです。