老後を海外で暮らすのに人気のある国

スポンサードリンク

海外で老後生活を送るのに人気の国は、アジアではタイ、フィリピン、マレーシアなど。欧米ではハワイ、オーストラリア、カナダ、アメリカ。ヨーロッパは上級者向けといえるでしょう。

老後を海外で暮らす

老後を海外で暮らしたいと思う人が増えてきているようです。近年年金の受給問題などで、実際に年金を受け取れなかったとか実際に支払っているのに未納になってたとか、更に将来は少子化、団塊世代の高齢化で更に受け取れる年金が少なくなり、私たちの老後は逼迫してしまいます。そんな中、安価でリッチな暮らしができるアジア圏や、その他海外などに住むというのが人気のようです。

スポンサードリンク

老後に海外どこに行くか

一口に海外といってもいろんな所がありますが、割と安価で良い生活を送るにはアジア圏(フィリピン、タイ、マレーシア等)に行くといいようです。ヨーロッパ圏は物価が高いので移住するのはハードルが高いでしょう。ヨーロッパ圏で安く住むなら東欧かギリシャ、トルコあたりはいいようです。オーストラリアなどは住みやすく人気のようです。

老後を海外で暮らす・移住かロングスティか

完全に海外に移住してしまうか、それとも日本と海外を行き来するロングスティ方式にするかは誰もが悩む所です。場所によっては移住するのが難しい国もあるようです。ハワイやオーストラリアは移住が難しいとこのことです。コンドミニアムを借りてそこで生活しないときは他の人に貸したり等も考えるとよいかもしれません。

老後に海外で暮らすための資金や貯蓄

どのくらいの貯蓄や資金があれば海外で暮らせるのでしょうか。それは行く場所によって違いますが、普通に日本人の平均の貯蓄額で大抵は暮らせるようです。アジア圏では国民年金でも十分な生活ができます。ただ、その国に入るときにある程度の資金をその国の銀行口座に預けるなどしないといけないなど、国によって条件が異なります。よく調べたほうがいいでしょう。

老後海外移住して病気になったら

老後を海外で生活しててもし病気になったら、大抵日本に戻ってきて医者にかかる人が多いようです。入院などとなると国によっては莫大なお金がかかるときがあります。アジア圏では自費でもなんとか医療費を支払えるかもしれませんが、医療の質の点から言うと不安要素もあるのも事実です。歯医者でも日本に帰ったときに治療する人が多いですね。

老後を海外で暮らす・言葉の問題

海外に暮らすのですから、言葉の問題は必ず出てきます。少しはその国の言葉を理解できるような所に行くといいですね。または海外に行ってから語学を勉強するのもいいでしょう。老後を海外で暮らしたいと考えてる方は本など読んだり情報収集をしてよく調べて、その国のことをしっかり勉強しましょう。