歯周炎

スポンサードリンク

歯周炎とはいわゆる歯槽膿漏のことで、歯肉炎とは違い、歯肉だけでなく歯を支えてる骨のほうまで進む病気です。歯周炎が慢性化すると歯が最終的には抜けてしまいます。

歯周炎と高齢者

歯周炎にかかるのは特に高齢者が多いです。若い頃は歯肉炎で歯周炎まで進むことはまれですが、長い間歯や歯茎の中に蓄積した歯石をそのままにしておくと重傷の歯周炎になる恐れがあります。

スポンサードリンク

歯周炎の予防

歯周炎の予防には日々のブラッシングが非常に重要です。30代以上で歯ぐきがブヨブヨして血が出てきたり腫れてる感じがあったら、それは歯周炎かもしれません。まずは自分でブラッシングをよくしましょう。歯ブラシは柔らかいもので力を抜いて歯と歯ぐきの境目を磨くようにしましょう。歯ブラシだけでは不十分です。歯間ブラシやフロス(糸ようじ)、歯間ブラシ用の歯磨き粉も併用するといいでしょう。

歯周炎の予防と歯医者さんでの定期検診

歯周炎の予防には歯医者さんでの定期検診をオススメします。3〜6ヶ月に一度くらいは歯医者さんで見てもらいましょう。定期検診では歯と歯ぐきの間の歯周ポケットの深さを測ります。深さが深い所は歯ぐきの中の歯石も除去します。歯医者さんでは機械を使って歯ブラシでは取れない歯石を除去します。

歯周炎の予防・歯石をほっておくな

歯医者でお掃除(クリーニング)をすると言うとそれはいいです、という方も結構いらっしゃいますが、歯垢、歯石を取るということは虫歯や歯周病、あらゆる口腔内の病気を予防するとても重要なことなのです。痛くなったときだけ歯医者に来るのではなく、普段から定期的に歯医者に通うようにしましょう。

歯周炎の症状

歯周炎になると歯ぐきが腫れて歯ブラシをすると血が出ます。重傷になると何もしなくても血が出たりすることもあります。急に腫れて膿が出ることもあるので、そうなったら臭いもしてきますので早めに歯医者に行きましょう。歯周炎が重傷になると歯を支えてる骨が溶けて歯がグラグラしてきて、ついには抜け落ちてしまいます。

歯周炎の予防と歯磨き粉

歯周炎にきく歯磨き粉というものがあります。歯医者さんでも置いてますし、市販でもあるのでそいういうものを併用するとよりいいでしょう。歯ぐきを引き締める効果があります。