歯槽膿漏の治療・歯槽膿漏とは

スポンサードリンク

歯槽膿漏は歯周病の俗称のことで、口腔内の汚れによって細菌が歯ぐきの中まで進行し、歯を支えているあごの骨まで溶かしてしまう病気です。歯槽膿漏にかかると歯がだんだんぐらついてきます。

歯槽膿漏になりやすい人

歯槽膿漏はまれに若い人もなる人はいますが、普通は40代〜高齢の方が多いです。歯槽膿漏になると歯が抜けてしまいます。歯はもう二度と生えて来ないので大切にしましょう。

スポンサードリンク

歯槽膿漏の治療・症状

歯槽膿漏の症状としてはまず歯ぐきが赤くブヨブヨしてきて、歯磨きしたときやリンゴなど固い物を食べた時に歯ぐきから出血します。ひどくなると膿が出て痛みがあるときもあります。だんだん歯ぐきがやせて歯が長くなったように感じたり、歯を支えてる骨も溶けてくるので、歯を支えられずグラグラしてついには抜けてしまいます。

歯槽膿漏の治療方法

歯槽膿漏の治療には歯槽膿漏の原因である口腔内の汚れ(歯石)を取り除くクリーニングや、重傷の場合は歯ぐきを切って中の歯石を除去する手術になります。クリーニングは歯ブラシでは取れない歯石をスケーラーという金属でひっかいたり、ジェルを歯に塗って機械でキレイにお掃除(PMTC)をします。

歯槽膿漏の治療には歯医者で定期検診がオススメ

ある程度の年になったら特に症状は感じなくても、早めに歯医者さんでの定期検診を開始されることをオススメします。歯医者で歯槽膿漏の進度を測るには、歯と歯の間の歯周ポケットの長さを測定します。歯周病になって歯がグラグラしてどんどん抜けてしまうと、入れ歯になったり、インプラントになったり、自分の歯では食べられなくなっていまいます。それがどれほど不自由なことかわかりますか?年を取ってもおいしくご飯を食べたいですよね。

歯槽膿漏の治療と予防

歯槽膿漏の予防にはブラッシングがとても大切です。正しいブラッシングをするだけで、80歳過ぎても20代と同じ頃のようなキレイな歯や歯ぐきを保てます。歯ブラシだけでは不十分です。歯間ブラシや糸ようじ(フロス)も一緒に使いましょう。特に歯と歯の間を放って置く人が多いので、そこから虫歯になったり歯槽膿漏が悪化したりします。

歯槽膿漏の治療と平行して歯磨き粉も

歯槽膿漏専用の歯磨き粉もあります。歯ブラシをするときに歯槽膿漏専用の歯磨き粉を使うといいでしょう。歯間ブラシにつけるジェルも歯医者さんによっては置いてますので聞いてみて下さい。